<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=166249413575602&amp;ev=PixelInitialized">

人気ブランドを扱っただけでは売れるようにはなりません

by Mitsuhiro Minami on Feb 28, 2017 9:00:00 AM


photo by *humanstatuebodyart*


洋服の小売店にとって、品ぞろえは重要な要素であることはいうまでもありません。取り扱いの品目が良ければ売れやすいし、悪ければ売れにくくなります。どんなブランドを仕入れるかによっても売上高は大きく左右されます。

人気ブランドを扱っていれば売れやすいですし、無名ブランドばかりでは売れにくいと考えられます。もちろんそれは間違いではありません。やっぱり人気ブランドを扱っていればお客様は足を止めてくれやすくなります。

当たり前ですよね。人気ブランドや有名ブランドが並んでいたら、ほとんどのお客様が一度は興味を示してくれます。みなさんだって同じではないでしょうか。

しかし、洋服販売不振の業界ではあまりにも取り扱いブランドに頼り切った店が多いのが現状です。なぜ「ブランド頼み」の店が危険なのかを考えてみましょう。

続きを読む

Categories: 顧客ロイヤルティ

商品そのものの良さを伝えてから、素材を語ろう 〜使用素材で勝負すれば価格競争に巻き込まれます

by Mitsuhiro Minami on Feb 14, 2017 9:00:00 AM


photo by *LollyKnit*


昨年話題となったことの一つは「ハリスツイード」を使った商品が100円均一ショップのダイソーで販売され始めたことです。「ハリスツイード」とはなにか というと、英国のスコットランド北西部のハリス&ルイス島の島民たちが自分の家の織機で、織ったツイード生地のことです。そして完成した生地をハリスツイード協会という団体を通して、ハリスツイードというブランド名で販売しています。

この「ハリスツイード」は本来「高級生地」として広く認知されてきました。国内の数多くのブランドもこの「ハリスツイード」を使って、ジャケットやコート、バッグ類を企画製造してきましたが、いずれも高額品 に属します。例えば、ハリスツイードのジャケットはブランドによって価格が異なりますが、最低でも4万円くらいはします。高ければ10万円以上にもなりま す。そういう高級生地が、ダイソーで販売されているから多くの人が驚いて話題にしました。

続きを読む

Categories: 顧客ロイヤルティ

価格競争にならないためのブランドの在り方とは?

by Mitsuhiro Minami on Feb 1, 2017 8:00:00 AM


photo by *suika *


我が国は欧米とほぼ同様の成熟社会になったことは誰しも異論がないと思います。成熟社会になると、これまでの高度経済成長期やバブル期のようにはモノが売れなくなりました。モノがまったく売れないわけではありませんし、ヒット商品も毎年それなりに生まれていますが、売れ方がまったく異なるようになりました

高度経済成長期やバブル期は、まだモノが十分に行き渡っていない状態でしたし、技術的にも開発途上でもありました。そのため、新製品が出るごとに爆発的に売れていました。新製品と機能向上はほぼイコールだとみなされていましたし、実際その通りでした。

続きを読む

Categories: 顧客ロイヤルティ

素晴らしい人財を維持することで、より多くの素晴らしい人財を得ることができる

by 寄稿記事 on Jan 10, 2017 8:00:00 AM


LyndaSanchez

(※本記事を寄稿したTristan White氏は、理学療法士であるだけでなく、トライアスロン選手、ブロガー、理学療法を提供する企業The Physio CoCEOという顔も持っています)。

健全な企業文化を創るには、貢献度の高い優秀な人財を雇えばいいというわけではありません。まず今いる従業員を気遣い、より彼らが成長できるような環境を提供することが求められます。

先日、The Physio Coは、経済専門誌「ビジネス・レビュー・ウィークリー」の「オーストラリアの最高の職場50選」で5位にランクインすることができました。これは何年も続けてきた努力と、その過程で学んだ気づきが活かされた結果だと思っています。弊社はこの経験で、採用と定着率の関係について学びました。

続きを読む

Categories: 従業員エンゲージメント, 企業のビジョンやミッション

ちょい飲みの戦略

by Hiroki Watanabe on Dec 20, 2016 8:00:00 AM

 
tristankenney
tristankenney


あんまり酒は強くないのと、年取ると夜更かしする元気が無くなってきたので、夜はパッと飲んでパッと帰るのが好きな、わたちゃんです。そのかわり、休みの日は昼飲みをダラダラするのが好きです。

「ちょい飲み」サービスが盛んです

ファストフードなど外食チェーンの店舗内で、夕方から酒とつまみを販売する「ちょい飲み」サービスが広がっています。

日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が、東京・高田馬場でビールやワインなどの酒を楽しめる新業態店舗を今年4月1日にオープンしました。新業態は、昼間は通常のメニューに加え、こだわりのコーヒーやスイーツなどを提供し、午後5時からはアルコールが楽しめます。国内外から取りそろえた地ビールやワインのほか、サントリー酒類と共同開発したハイボール「カーネルハイ」など約40種類のアルコール類を用意しており、得意とする鶏肉を使った料理やサラダなど酒に合うメニューも取りそろえます。

また、コーヒーチェーン大手、スターバックスコーヒージャパンは東京・丸の内に食事や酒などを提供する店舗を3月30日に開店しました。牛丼チェーン「吉野家」やラーメンチェーン「日高屋」といった先行組は、低価格でお酒が楽しめるとあって、サラリーマンを中心に人気は高いようです。

続きを読む

Categories: サービスサイエンス

従業員定着率と満足度を向上させるためにできること

by ENGAGE FOR SUCCESS on Dec 6, 2016 8:00:00 AM


従業員定着率・満足度はどの企業も重要な経営課題としてとらえるべきものではないでしょうか。

人事にとって、企業に最適な人材を見極め、確保することは課題の一部でしかありません。企業の持続的成長のために極めて重要なのは、従業員定着率や満足度です。ただ競合社会において、これは難しい課題でもあります。

企業にとって、従業員の長期的コミットメントを促すのに最も良い方法は、従業員の価値を高めることです。企業が商業的価値を最大限に高めるために時間とお金を投資するのと同じ様に、従業員の価値も、社内・社外から見ても企業と同じような価値を持たせるべきではないでしょうか。

続きを読む

Categories: 従業員エンゲージメント

ラーメン屋ののれん分けから考える「ジェネリックサービス」ってあり?

by Hiroki Watanabe on Nov 22, 2016 8:00:00 AM


photo by Fillmore Photography


「XX系ラーメン」という看板を見ると、ついつい入ってしまいメタボが進む、わたちゃんです。

飲んだ後の誘惑は特にいけません。しかしながら店によって美味しさが全然違い、ガッカリすることも多いです。店の独自性を持たせている中華チェーン店でも同じような体験をします。標準化と独自性はどちらも強みにも弱みにもなるのでしょうね。

ジェネリック医薬品からジェネリック家電へ

ジェネリック(Generic)とは、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉です。

ジェネリック医薬品は有名で、後発医薬品とも言われ、医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品で、先発品より同じ成分でありながら安価で提供できるため、普及しています。

最近では、造語として、ジェネリック家電という用語も使われます。ただし、ジェネリック医薬品とは意味合いが違っており、ブランド力が低いメーカーが有名メーカーと同等性能品を低価格で提供している商品であり、その圧倒的な低価格により大きな支持を得ています。そして低価格を実現するために、一般家電よりも機能を少なくしたり、大手家電メーカーから一世代前の部品や技術などを安く購入したりしています。

続きを読む

Categories: 顧客満足度

データを使用した従業員定着率とエンゲージメントの高め方

by ENGAGE FOR SUCCESS on Nov 8, 2016 8:00:00 AM



50年前に比べ、優秀な人材は雇用市場でより大きなパワーを持つようになってきました。様々な情報へのアクセスが容易になったことや、いわやる名刺交換会と呼ばれるネットワーキングなどが行われるようになったことで、より透明性のある雇用市場が生まれたからです。結果、転職が容易になりましたが、デロイトのシンクタンクの調査によると、この流れにより、今企業の多くの経営者が「定着率とエンゲージメント」を二番目に重要な経営課題として捉えるようになったそうです。

企業に今求められているのは、優秀な人材を確保し、定着させること。いつまでも昔ながらの型にはまった人材マネジメントを行っていたら、感受性や創造性の高い一個人として扱ってほしいと思っている従業員は、「自分のニーズが満たされない」と会社を去ってしまうはずです。

では、現代の企業が、魅力的な組織づくりをするためにできることにどのようなことがあるのでしょうか。現代企業にとってデータの活用はそのビジネスパフォーマンスを左右するものですが、毎日出社が楽しくなる会社をつくるためにも欠かせないものです。経営陣は、従業員が「自分は評価されている」と感じ、エンゲージメントを高めるために活用できるデータを得る必要があります。

続きを読む

Categories: 従業員エンゲージメント

疲れを感じずモチベーション高く仕事するための9つの方法

by ENGAGE FOR SUCCESS on Oct 11, 2016 8:00:00 AM

現代の組織で成功を収めるためには、上司と設定した高い目標を次々と達成していくことが求められますが、これは「言うは易く行うは難し」かもしれません。私たちはみな、壁にぶつかったり、膨大な努力が必要と感じたりする時があります。

そんな時は、思い切って物事をシンプルにしてみてはいかがでしょうか。下記で、疲れを感じずモチベーション高く仕事するためのシンプルな方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

Categories: 従業員エンゲージメント

「ファッション×人工知能」サービス5選 〜アパレル業界に広がるAIの可能性に迫る!

by 寄稿記事 on Sep 27, 2016 8:00:00 AM


 
9月29日に、小売り企業向けオムニチャネル推進セミナー 「人工知能で店舗課題を発見する最新事例とカスタマージャーニーによる顧客体験デザイン」を共催する 株式会社ABEJAより、寄稿された記事を紹介します。 (写真引用:flickr)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

今、人工知能(AI)の発展が目覚ましい。連日数多くのメディアで人工知能に関する国内外のニュースが取り上げられている。

続きを読む

Categories: CS調査

顧客エンゲージメント超入門:無料でダウンロードする
無料コンサルティングのご案内:NPSを活用した顧客満足度調査など