<img height="1" width="1" alt="" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=166249413575602&amp;ev=PixelInitialized">

1人ひとりが課題を認識すると、研修の効果が高まる

by Kenichi Nakaya on Oct 20, 2014 9:00:00 AM

こんにちは、トータル・エンゲージメント・グループの中谷健一です。

「売上が伸びない打開策に、「接客スキル研修」は間違ってる

?」「停滞アパレル企業の強みと弱みを見える化!NPS調査は顧客視点を課題抽出に活用する」2本の記事を通じて、売上が低迷する小売店における研修導入の注意点や調査の重要性についてご紹介してきました。

今回は、引き続き、売上低迷の打開策に研修を検討していたメンズアパレルの事例をもとに、NPS調査をどのように研修に展開してゆくのかをご紹介したいと思います。

調査によって「入店直後の挨拶とお声掛け、不安にさせないお買物環境の整備」がもっとも重要な取組み課題であることがわかりました。ではこの課題をクリアするための研修とはどんな内容になるでしょう? 結局、挨拶の練習を徹底的にやることになるのでしょうか?

続きを読む

Categories: NPS, 事例, 研修

顧客エンゲージメント超入門:無料でダウンロードする
無料コンサルティングのご案内:NPSを活用した顧客満足度調査など